会社案内

代表メッセージ

甲田展子 代表取締役社長
甲田展子

きびしい経済状況の中、生き残りを模索する企業にとって、ITの効率的な活用は経営に大きな影響を与えます。現在のトレンドは、「所有から利用へ」、すなわち今まで行われてきた「業務に必要なITを、各部門がバラバラに導入し、IT部門が運用する」ことから生まれる硬直化や無駄を省くために、「ITは所有するものではなくサービスとして提供されるものであり、利用者は必要なものを必要な時に必要なだけ利用する」という姿に変えていく方向にあります。

従来、ユーザーが所有するハードウェアやソフトウェアを管理・運用してきたIT部門が、企業が所有するIT資産や外部サービスをトータルにコーディネイトして「ユーザーに対するITサービスをタイムリーに提供する」部門へと生まれ変わる必要があります。自社が所有・利用しているIT資産を正しく把握し、ITサービスカタログとして展開することで、ユーザーは複雑なITを理解することなく、「必要なサービスが、いつまでに、いくらで提供されるのか」という本来のニーズにフォーカスできるのです。またこれは、企業のパートナーとしてサービスを提供する、ITサービスプロバイダーに期待されている変化でもあります。

企業の社会的責任が問われる昨今、IT資産を正しく把握し管理するプロセスを構築し、コンプライアンスを確立することは、企業存続のための必須条件とも言えます。

現状の中から課題を探し当て、最適なプロセスを構築し、具現化をプロデュースする、プロフェッショナルの力が必要とされています。人とプロセスとITの調和を実現する、少数精鋭のプロ集団としてアエルプランニングの存在意義は、ますます深まっていくことと確信しています。

pagetop