もう一度チェック!あなたの個人情報保護法理解度

2005年4月、個人情報保護法が完全施行されました。
にもかかわらず、個人情報漏洩事件は現在も多発しています。
従業員の過失、盗難、内部犯行…法律が施行された今、個人情報をどう取り扱っていけばいいのでしょうか。
あなたは、個人情報保護法をしっかりと理解できていますか…?

第1回 あなたの会社は「個人情報取扱事業者」か?

あなたの会社が「個人情報取扱い事業者」かどうかがわかります!
個人情報保護法に則した個人情報を取扱うことのメリットとは?

第2回 どんな情報が狙われやすい?

個人情報はさまざま、内容によって漏洩のダメージの大きいものはどんなものがあり、どんな情報が狙われるのでしょう。
個人情報漏洩の危険はいろいろあります。

第3回 国際社会における個人情報の保護

日本の個人情報保護に対する取組みは、諸外国に比べて後れをとっていることを知っていますか?

第4回 個人情報漏洩事故が起きたときに企業に生じる費用・損失

事故が起きたとき、謝罪広告や営業自粛など、法的責任とは関わりなく生じるものと、法的な責任、時には、企業の存続に関わる大問題に発展してしまいます。

第5回 個人情報漏洩事件を起こしたら誰の責任か

個人情報保護法違反だけではすまされず、 民事・刑事責任が生じ 賠償責任を追及されることも…。
しかも、事件を起こした本人よりも、企業に対して賠償責任が追及されるのです!

第6回 個人情報保護に関する裁判事例

個人情報漏洩に関して、損害賠償請求訴訟が提起されるケースが増加しています。
代表的な裁判事例から、企業がどのように保護対策をすべきかをご紹介します。

筆者プロフィール

弁護士 金井 高志

フランテック法律事務所
弁護士 金井 高志(TAKASHI KANAI)

1987年に慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程(民事法学専攻)修了後アメリカ・コーネル大学ロースクール修士課程、翌年にはイギリス・ロンドン大学大学院修士課程を修了。フランテック法律事務所設立後は、大学の非常勤講師、執筆活動、講演と多方面で活躍中である。