IT資産管理研究会

アエルプランニングではこのたび、IAITAMのご協力をいただき、IT資産管理研究会を開催することになりました。
本研究会では、IT資産管理で注目されているテーマを取り上げ、サービスプロバイダーの考え、サービスを受ける企業ユーザの動向や導入障壁を明らかにし、具体的な課題を様々な視点から検討していきます。また研究会終了後は、参加者の懇親会も予定しています。
本研究会がIT資産管理の探求と良質な情報交換の場になれば幸いです。

昨年のカンファレンスのアンケートでは、「クラウド利用時におけるIT資産管理」に高い関心が寄せられていたことが分かり、本研究会のテーマを「クラウド時代のIT資産管理」として、2015年5月28日(木)より4回シリーズで実施いたします。

つきましては、皆様の積極的なご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。
なお、今回の研究テーマに限り、IAITAM企業会員の皆様だけでなく、入会をご検討中の皆様も、無料でご参加いただけます。

「クラウド上にある自社IT資産(情報資産)をどう管理すべきか」2015年7月16日(木)

クラウド上にある情報資産をどのように管理していくかに焦点をあてて研究していきます。
BYODの課題やVDI等の導入など、企業はクラウド上の資産をどう考え整理管理していくか、またどのような端末管理をすべきかを考えます。

  • ポイント1:クラウド利用導入時のポリシー設計はどうすべきか?
  • ポイント2:クラウド利用デバイスを考える:BYODはどのように管理するか?
  • ポイント3:情報資産をどう定義して管理しているのか?

  ゲスト:サイボウズ株式会社

プログラム

15:00- はじめに:クラウド利用の際の情報資産を企業はどう考えるべきか? - ファイル共有サービスの利用実態とリスクポイント -
15:30- ポイント1:クラウド利用導入時のポリシー設計はどうすべきか?
16:00- ポイント2:クラウド利用デバイスを考える:BYODはどのように管理するか?
16:30- ポイント3:情報資産をどう定義して管理しているのか?
17:30-18:30 懇親会

本研究会は終了いたしました。ご参加をありがとうございました。

「クラウド契約を管理するテクノロジーとは」2015年8月21日(金) 

クラウド契約を管理するテクノロジーやサービスを研究していきます。
クラウド契約管理をするにあたって、どのようなテクノロジーを検討すべきか研究していきます。

  • ポイント1:国内のIT資産管理ツール、海外のIT資産管理ツール動向
  • ポイント2:資産管理ツールで今後注目すべき機能とは?
  • ポイント3:IT資産・契約状況の可視化・IT資産管理業務プロセスの自動化はどう行うのか?

  ゲスト:フレクセラソフトウエア合同会社(予定)

プログラム

15:00- はじめに:IT資産管理を支えるテクノロジーの動向
15:30- ポイント1:国内のIT資産管理ツール、海外のIT資産管理ツール動向
16:00- ポイント2:資産管理ツールで今後注目すべき機能とは?
16:30- ポイント3:IT資産・契約状況の可視化・IT資産管理業務プロセスの自動化はどう行うのか?
17:30-18:30 懇親会

「満員御礼 本研究会は満席につき受付を終了いたしました。

「IT資産管理におけるクラウド契約管理の考慮点」2015年5月28日(木) お申し込み受付期間 5月11日 - 5月20日

研究会の主旨および、IT資産管理に密接に関わるクラウド契約管理の考慮点を研究していきます。

  • ポイント1:IT資産におけるクラウド管理のマクロトレンド
  • ポイント2:Paas、Haas、Saas契約管理とは何か?
  • ポイント3:クラウド提供ベンダーの意見、導入ユーザの意見

プログラム

15:00- はじめに:クラウド定義と研究会のスコープ
15:30- ポイント1:IT資産におけるクラウド管理のマクロトレンド - 企業のクラウド導入はIT資産管理にどのような影響を与えるか -
16:00- ポイント2:Paas、Haas、Saas契約管理とは何か? -提供される契約管理をどのようにモニタして、分析すべきか
16:30- ポイント3:クラウド提供ベンダーの意見、導入ユーザの意見
17:30-18:30 懇親会

本研究会は終了いたしました。
30社を超える方々にご参加頂き「クラウド時代のIT資産管理」について熱い議論が交わされた
意義ある研究会となりました。

「デバイスパーペチュアルからユーザサブスクリプションライセンスモデル移行課題」2015年6月18日(木)

ソフトウェアライセンス契約形態の変化とその変化に企業としてどのように対応すべきかに焦点をあてて研究していきます。
コスト課題、管理課題、クラウドライセンスが全体最適にどのようにつながるのかを考えていきます。

  • はじめに:ユーザアンケートからみるライセンス契約移行課題
  • ポイント1:前回の振り返りと定義の整理と確認
  • ポイント2:IT資産管理とクラウド契約管理の課題            :主力ソフトウェアベンダーのライセンス変化

  ゲスト:アドビシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社

プログラム

15:00- はじめに:ユーザアンケートからみるライセンス契約移行課題
15:30- ポイント1:前回の振り返りと定義の整理と確認
16:00- ポイント2:IT資産管理とクラウド契約管理の課題
17:30-18:30 懇親会

本研究会は終了いたしました。ご参加をありがとうございました。

開催概要

日時
  • Vol.1 5月28日(木)「IT資産管理におけるクラウド契約管理の考慮点」
  • Vol.2 6月18日(木)「デバイスパーペチュアルからユーザサブスクリプションモデルへのライセンス移行について」
  • Vol.3 7月16日(木)「クラウド上にある自社IT資産(情報資産)をどう管理すべきか」
  • Vol.4 8月21日 (金)「クラウド契約を管理するテクノロジーとは」
各回共通
研究会 15:00-17:00(受付14:40-)
懇親会 17:30-18:30
会場 あすか会議室 東京日本橋 会議室
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-3-9 メルクロスビル5F »アクセス方法はこちら
対象 企業内で管理者としてIT資産管理・サービス資産管理に携わる方
サービスプロバイダーとして顧客にサービスを提供される方
定員 30名(先着順) 主催 株式会社アエルプランニング
参加費 無料 協力 国際IT資産管理者協会(IAITAM)

「IT資産管理研究会」の目的

アエルプランニングが主催するIT資産管理研究会は、IT資産管理における注目テーマを取り上げ、サービスプロバイダーの考え、サービスを受ける企業ユーザーの動向や導入障壁を明らかにし具体的な課題を各種視点から検討していきます。

また、研究会にはIAITAM日本支部の武内支部長をオブザーバとしてお迎えし、海外での最新動向を踏まえて日本市場におけるIT資産管理の啓発・啓蒙も目的の一つとしています。

なお、本研究会の成果はIAITAMのメンバーズサイトおよび、IAITAM ACE JAPAN 2015で発表する予定です。

研究会終了後には参加者との懇親会も予定しており、本研究会がIT資産管理テーマの探求と良質な情報交換の場になれば幸いです。

主催:株式会社アエルプランニング
協力:国際IT資産管理者協会(IAITAM)

メール・お電話によるお問い合わせ

株式会社アエルプランニング ITAM研究会事務局

TEL:03-5738-0571 E-Mail:iaitam_sg@aeru.co.jp(担当:北原)

pagetop