AERU PLANNING

会社案内

企業コンセプト・代表メッセージ

企業コンセプト

人、プロセス、テクノロジーでIT文化を変える

今や私達の周りに必然的に存在しているIT(情報技術)。本来は、人と人が一緒に何かをするために、一緒にプロセスを作り上げ、そのプロセスを支援する「サービス」を提供するために存在している技術でした。しかしこれまでのITは要素技術で分断され、ITサービス提供者は、利用者にとって本当に必要な「ITサービス」を目に見える形で提示することができていませんでした。

ITが本来のITの姿を取り戻すためには、ITを「技術の集合」ではなく「ITサービス」を構成する要素の一つとして再定義しなくてはなりません。ハードウェア、ソフトウェアといったIT資産の現状と変化を正しく把握し、管理のプロセスを定義し、運用できる人材を育てることが、その第一歩となるのです。

そしてそれは、スタートラインにすぎません。IT資産の管理と運用にとどまらず、ユーザーのニーズを理解して、必要なレベルのITサービスとそれを提供するためのプロセスを自ら開発し提供し、顧客満足度を高めることができるサービス提供者を育成することで、「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」提供するITサービスを、継続的に展開していくことができるのです。

アエルプランニングは、これまでたずさわってきた市場調査やマーケティング、プランニング、コンサルティングなどの経験を活かし、お客様にとっての「IT」を「ITサービス」に変えるために必要な課題を的確に抽出し、実践するための人材育成・プロセス構築をご提供します。

「アエル」の語源は、「空気」や「大気」を意味するギリシャ語のαです。人・プロセス・テクノロジーの3つを正しく調和し、お客様が空気のように「ITサービス」を利用できる環境を作り上げることが、私達のミッションです。

humanity

企業を活性化するためには、組織にとって最も大切な「人」の能力を引き出し、モチベーションを上げることが必要になります。
そのためには、上司と部下の良好な社内コミュニケーション、個人の適性と能力にフィットしたキャリアプラン設計、メンタル面での不安を抱える社員に迅速に気付き、フォローアップする体制作りが必要です。

アエルプランニングでは、専門家によるカウンセリングと教育プログラムで、社員の幸福度アップと、人材の定着しやすい組織作りをサポートします。

代表メッセージ

甲田展子

代表取締役社長
甲田 展子

きびしい経済状況の中、生き残りを模索する企業にとって、ITの効率的な活用は経営に大きな影響を与えます。現在のトレンドは、「所有から利用へ」、すなわち今まで行われてきた「業務に必要なITを、各部門がバラバラに導入し、IT部門が運用する」ことから生まれる硬直化や無駄を省くために、「ITは所有するものではなくサービスとして提供されるものであり、利用者は必要なものを必要な時に必要なだけ利用する」という姿に変えていく方向にあります。

従来、ユーザーが所有するハードウェアやソフトウェアを管理・運用してきたIT部門が、企業が所有するIT資産や外部サービスをトータルにコーディネイトして「ユーザーに対するITサービスをタイムリーに提供する」部門へと生まれ変わる必要があります。自社が所有・利用しているIT資産を正しく把握し、ITサービスカタログとして展開することで、ユーザーは複雑なITを理解することなく、「必要なサービスが、いつまでに、いくらで提供されるのか」という本来のニーズにフォーカスできるのです。またこれは、企業のパートナーとしてサービスを提供する、ITサービスプロバイダーに期待されている変化でもあります。

企業の社会的責任が問われる昨今、IT資産を正しく把握し管理するプロセスを構築し、コンプライアンスを確立することは、企業存続のための必須条件とも言えます。

現状の中から課題を探し当て、最適なプロセスを構築し、具現化をプロデュースする、プロフェッショナルの力が必要とされています。人とプロセスとITの調和を実現する、少数精鋭のプロ集団としてアエルプランニングの存在意義は、ますます深まっていくことと確信しています。

PAGE TOP